真珠腫ブログ

真珠腫性中耳炎の闘病ブログです。

オトヴェントをやってみる

何年か前に自己通気の練習用として、前の耳鼻科の医者から「オトヴェント」というものをもらっていたのだが、すっかりほったらかしにしていてその存在も完全に忘れていた。

今の医者から、自分でも通気できるのに、みたいなことを言われて、そういえばそんなのももらったっけなと思い探してみたけど見つからずあきらめていたのだが、数日前にひょっこり出てきた。すっかり捨てたものだと思っていた。

今は、やり方を探せばネットですぐ出てくるいい時代である。

今日からスタートしてみて果たしてどうなのか。

気持ち楽になったような気もするが。

     

粉瘤除去

また背中にできものができたので外科へ。

粉瘤、と言っても今度のは随分つぶれてもう液状になってたようだった。だから裂けてあふれ出す前に行ったんだけどね。

実はもう一個、首の根元にもあるんです。

これ、取るの結構怖いんですけど。

 

    

点耳薬でめまいが

いつもの耳鼻科へ。

自分では全く自覚がなかったのだが、どうも炎症気味だったらしく点耳薬を処方され一週間点けるようにとのことなので、仕方なく点けた。タリビット、これ効かないんだよね。

そしたら、どうも温め方が弱かったかしてめまいが。

それもいつにも増して結構激しいめまい。目を開けてられないくらいの。寒くなったから温まりにくいのかね。

もう4時間経つけどまだ頭が痛い。参った。

それと、通気の代わりに自分でやれる風船、オトヴェントというらしいのだが、これが前にもらったやつをどこにいったか見失っていてあきらめていたものを、ひょっこり見つけたのでそのうち試してみようと思う。

そういえばここのところくしゃみ・鼻水が結構ひどい。

ブタクサか?

    

みたび歯科へ

予約していた歯科へ。

何の説明もなく左下へ詰め物。

まあ、隙間が空いてたようだからいいけどね。

もうちょっと説明してくれるともっといいのにね。

どうやら歯の方はこれで一段落。

    

 

点耳薬を投入

どうもここのところ閉塞感が強く聞こえも悪いので点耳薬を投入。

タリビットではなくリンデロンにしてみた。

一時期くしゃみも激しかったから、アレルギーだとしたら何なのだろうか。

とにかくだましだましの連続。

   

 

「鼓膜がへこんでるね」

「鼓膜がへこんでるね」ということを、耳鼻科へ行くとよく言われます。

まあ、自分では見たことないけど多分へこんでるんでしょう。

"真珠腫"というのはそのへこんだ部分が癒着するものらしいです。

ではなぜ鼓膜がへこむのかというと、それは多分"鼻すすり"なのですね。

私は、もう記憶もあやふやですが、小学校に入る前頃の時点で、鼻をすすらないと自分の声が頭の中で響く状態でした。

何と言ったらいいのか、正確なところはわからないのですが、すすって鼓膜がピタッと(どこかに)くっつかないと正常な音が聞こえない。くっつかないと音が頭の中でガンガン響く状態なのですね。

ずーっと自分では、諸悪の根源は"鼻すすり"なのではあるまいか、と推測はしていたのですが、ここ何年かの間に医者からもそのような指摘を受けるようになりました。

で、しばらく前に医者から「自分で"空気抜き"をやると良い」とのことで風船をもらったことを思い出しやってみようと思って探したのですが、どうやらこれが捨ててしまったようでどこにもない。

なのでこれから風船を買ってきて試してみようと思っています。

ちなみに私は、鼻をかむということも、耳の空気抜きというものも、できません。