真珠腫ブログ

真珠腫性中耳炎とその他の病気・健康に関するブログです。

内視鏡検査へ

ここ何年か続けて行っている胃の内視鏡検査へ。

安定剤で意識を完全に無くされるというのは、たった30分とはいえ考えようによっては恐ろしいのだけど、起きたままだと相当の苦痛があるのも容易に想像できるので仕方ないと割り切る。

潰瘍はすっかりなくなったはずなのだが、早々に来年の予約を入れさせられた。

ま、年に一度なのだからこれも仕方ないと割り切るしかないか。

        

 

8.1→5.8

痛風の内科へ。

尿酸値は8.1から5.8へ減少。

まあ、薬を飲んでるのに加えて、酒を1/4位まで減らしてるからね。そりゃあ減るわね。

でも二カ月経つけど左足はまだ赤黒い色が抜けないし、たまに親指の付け根が痛い。よく見ると少し腫れてる。

今度は二か月分の薬をもらった。

痛み止めももらうんだったかな。

       

 

耳鼻科へ

いつもの耳鼻科へ。

体温測定と調査シートはあったけど他に人もいなくて、まあ普通に戻った感じでした。

吸入はなしのまま。

薬は出してほしかったヤツとは違う処方箋になってしまったけど、そっちもちょうどなくなりつつあるやつだったから、まあいいや。

通気してもらって聞こえもスッキリ。

                 

 

 

点耳薬つけて熱さまシートつけてっと

夏になると決まって出てくる左耳の調子の悪さが早速再発。閉塞感も強いし聞こえも悪い。人の言葉への聞き返しが増えたように思う。

ジクジクも止まらないので点耳薬を投入。

次回はこれも出してもらわねば。

左足の腫れ・発熱も完全には引かない。

何もしないよりましかと、熱さまシートを貼る。

いくらか楽かな。

マスクも付けなきゃならなくて、今年の夏は結構きついな。

                

 

内科へ

痛風の来院から一カ月たって薬もなくなったのでまた内科へ。

採血されたけど結果説明はなし。なぜ?

ま、もらった薬を飲んで次の検査待ちです。

まだ腫れも痛みも残ってます。

それでも尿酸値が引かないようなら段階的に薬を強くするそうです。

      

 

眠れはするけど…

早起きする必要のある日以外は飲まないことにして、今のところ実行できている。

しかし、一応眠れはするけど睡眠が浅くしょっちゅう目覚めて、ずーっとうとうとし続けているような状態。

これだとやはり頭がぽーっとして睡眠不足に近いような感じがする。今も頭が重い。

まあ、ここのところは自宅待機などがあるせいで比較的家にいることが多く助かっているのだが、普通の状態に戻った時にどうなるのか。

痛風の足もまだ完全ではない。予想外に時間がかかるものだ。

耳も気温が高くなってきたせいか中から水の出る気配があって聞こえが悪い。

本格的にあっちこっちボロボロだ。

     

 

まだ痛みが引かない

もうすぐ発症から一カ月近くになるが、まだ痛みが引かない。

足の裏の指の付け根が少し痛い。
腫れも若干だが残るしまだ少し赤黒い。
歩くのは大丈夫だが走るのは無理だろう。速足も難しそうだ。

傷みがひどかった時には信号のある交差点などで時間をかけて歩っているお年寄りの気持ちがよくわかった。

早く渡ろうとしても足が動かないから無理なのだ。交差点の中で信号機の残り時間に追われるのは恐怖である。
外は雨続きで完全に運動不足気味である。